アクリシオ トライアルキットを試してみようと思います。

こちらの記事では、乾燥肌や敏感肌の方専用のコスメ
アクシリオをご紹介しています。
コスメは肌質などそれぞれ相性がありますので、まずはトライアルキットをオススメしています。

 

トライアルキットで自分の肌に合うか試してから商品へと進んでください!

チェック
【送料無料・払込手数料無料!】など5大特典付き!★さらに今なら★1,680円⇒525円

 

 

注文していた商品が到着しました!
アクシリオトライアルセット

 

季節の変わり目でお肌の乾燥に悩んでいたので、乾燥肌、敏感肌用のアクシリオの存在を知り,
早速お試しセットを購入。

 

申し込み数日でキットが到着。とってもかわいいコンパクトなパッケージに3種類のシンプルな
スキンケア商品が入っていました。

 

アクシリオはなんと!

 

この3種類ですべてのお手入れができる優れものとの事。

 

お化粧品以外にもお肌についての資料やお化粧品についての知識を高めることできる詳しい資料も
一緒に入っていました。

 

読んでみるとアクシリオが安全性が高く安心できるお化粧品なんだということがとてもよくわかります。

 

お試しセットの量は10gなので、おせじにも十分な量とは言えないのですが、これはアクシリオが
乾燥肌、敏感肌の人を対象としている為、お試しキットはパッチテスト用として肌に合うかを
お試してみるキットのようです。

 

 

3種類とシンプルなケアなのに、その中のひとつにピーリングゲルがありました。乾燥肌、敏感肌の
人を対象にしている商品なのに大丈夫なんだろうか?と思ったのですが一番刺激があるアイテム
なので、これを使えばよくわかるだろうなと思い試してみました。

 

ピーリングゲルは驚くらい全く刺激のないなめらかな透明ゲルで、使用後は、古い角質が落ちて
お肌がぷるぷるに柔らかくなりびっくりしました。

 

その後、アクアテクトゲルをお肌全体に広げて塗るとあっという間に吸収されてお肌に浸透していき
ました。翌朝は乾燥が少し改善されていてお肌がワントーン明るくなっていました。

 

現在、乾燥や敏感肌で悩んでいる方がいたらこのお試キットで体感してみることを
お進めします。

 

その際はぜひピーリングゲルを使用したあとにアクアテクトゲルを使用されることを
おすすめします。

 

 

 

乾燥肌のスキンケアについて

乾燥肌をケアするためのスキンケア商品が、今は実にたくさんでていますね。何を使ったら良いのか迷ってしまいます。
我が家は敏感肌ばかりですので、石油系の合成化学物質が極力入っていない事は基本中の基本で、万が一口に入ってしまっても無害なものしか使いません。

 

しかし、安全と言われる純石けんでも我が家の超敏感肌の面々には合わないのです。
なので、今は石油系でない合成化学物質入りのものを使用しています。

 

洗浄後の肌からは、すいすい水分が蒸発してしまうので、何もしないでいると、砂漠のように肌の表面から奥までカラカラに乾いてしまいます。
砂漠を潤すためには、どれくらいの水分を補充しなければいけないでしょう?

 

肌が砂漠のようにカラッカラにならないうちに十分な水分を補給して表面を保護してあげれば、大量の水分をしみこませて肌を元のように復活させるまで時間がかかるなんて状態にはならずにすみます。

 

ひび割れなんかが起きてしまった日には、元に戻るのにもとてつもなく時間と労力がかかってしまいます。

 

「ヒアルロン酸」は肌に水分を保つ成分として良く知られているものの一つです。
このヒアルロン酸は、乾燥肌には何とも強い見方の成分で、わずか1グラムでなんと6リットルもの水分を含んでくれるのです。

 

それから肌に水分を補給する時に塗りやすいのが「ゲル」状の保湿クリームですが、このゲル状のクリームにヒアルロン酸が入っていれば乾燥肌にとって最高の贈り物です。

 

夫のかかとは遺伝で子どもの頃からパックリと割れていました。
冬は一センチ以上も深くわれ、お医者さんで処方された薬も効いたためしがなく、いつも血がにじんでいたのです。

 

ところが、このヒアルロン酸入りのゲル状保湿クリームを塗ったところ、なんとつるつるのかかとが姿を現したのです。

乾燥肌の方にすすめる洗顔法

洗顔後、突っ張り感を感じるようになり、乾燥肌になったのかしら?と思う事があります。
目を覚ますために朝の洗顔をしている人も多いかと思いますが、寝ている間に分泌された皮脂などの油分、ホコリを落とせればよいので、洗顔料で丁寧にすることはなく、水でさっと洗うだけで十分なのだそうです。

 

多くの洗顔料は肌を構成している脂質まで洗い流してしまい、それにより、肌のターンオーバーを狂わせてしまいます。
角質が自然に剥がれ落ちることが肌に一番良いのですが、それを待たずに洗顔料で無理に洗い落してしまうと、まだ未熟な状態の角質層が表に出て来ることになり、はだ表面が未完成な状態でむき出しになってしまいす。

 

これでは乾燥肌がより進行してしまいそうですね。

 

一時期ブームになったピーリングで、「めがね拭きで顔をこする」と言うものがあり、私も良くやりましたが、驚くほど肌がつるスベになりました。
しかし、今までの説明からわかるように、肌にとっては大迷惑な事だったのです。

 

一方、夜の洗顔では、一日の汚れやメイクをしっかりと落とすためにも洗顔料を使用した方が良いです。
そして、ぱっぱっと、できるだけ短時間で済ませましょう。

 

洗顔直後から皮膚の水分蒸発は始まっていますので、洗顔が終わったらすぐに保湿、保護する事を忘れないようにしましょう。

 

肌の手入れの基本は「正しい洗顔」で、特に乾燥肌の人には大事な事です。
肌がもともと持っている保湿成分、皮脂などは簡単に落ちてしまいますので、洗顔料など使用しなくても水だけで十分です。

乾燥肌に良い食事 コラーゲンについて

乾燥肌というのは、水分だけでなく、様々な成分が不足しています。
中でも特に重要な成分はコラーゲンやヒアルロン酸です。

 

コラーゲンはタンパク質の1種で、私たちの体内の至るところ(皮膚、筋肉、骨、目、髪、爪、血管、歯など)に含まれており、体全体の5%、肌の内側にある「真皮」においては70%をしめています。

 

昔から「肌にはビタミンC」とよく言われますが、これは、コラーゲンの安定を保つにはビタミンCが必要不可欠だからなのです。

 

乾燥肌だけでなく、しみ、シワ、さらには関節痛まで、コラーゲンが不足するといろいろな症状が出てきてしまいます。

 

コラーゲンのかたまりのようなフカヒレには良質なコラーゲンが大量に含まれています。
他にも豚足、牛スジ、魚の尾や頭などドロっとした部分に多く含まれていて、スープを取る時に煮込んで「コラーゲンたっぷりのスープ」を売りにしているラーメン屋さんもあるようです。

 

コラーゲンは水に溶けやすいため、ラーメンのスープやフカヒレスープなど、スープでの調理に向いています。

 

またコラーゲンはサプリメントとしても売られていますので、普段の食生活でコラーゲンが不足しがちだと思う人は、このサプリメントで補給すると、簡単に乾燥肌対策が出来ます。
職場では冷房や暖房などで肌が乾燥しがちですので、女性だけでなく、男性も乾燥肌対策はしておいた方が良いと思います。

 

一般的に「肌に良い食べ物」というとビタミンC含有の食品が有名ですが、「乾燥肌に効果的な食べ物」と言ったら何があるのでしょう?

 

まずは、ビタミンA。
粘膜を丈夫にしたり、肌の新陳代謝を高めたりして乾燥を防いでくれます。

 

うなぎとか人参などに含有が多かったと思います。
ただ、ビタミンAは脂溶性ビタミンなのでとりすぎた分が体外に排出されにくいです。

 

サプリメントなどで摂取する場合は、特に妊婦さんは奇形の影響も知られていますので摂取し過ぎない注意が必要です。

 

次にビタミンC。
活性酸素除去する力があり、お肌の老化やクスミを防いだり、肌の張りを保ってしわやしみを予防する力があります。

 

それから大事な水分。
私がテレビで見た食品ですが、体内に水分を溜め込んでくれる優秀な食材があるのだそうです。
そのテレビ放送以来、スーパーでよく見かけるようになりました。
というか、今まで注目していなかっただけかも知れませんが・・・(笑)

 

それは「水菜(みずな)」です。
クセがない青菜なので、とても食べやすいです。
鍋に向いている素材なのだそうです。
冬の乾燥肌最盛(?)の時期にぴったりの食材ですね。

 

あと、もうひとつ私がとても気に入っている食べ方は「サラダ」です。
水菜を食べやすい大きさ(3センチ位)にカットしてお皿に盛ります。
しらすかジャコを上からたっぷりかけます。
和風ドレッシングでも良いですが、私のお気に入りはにんにくの効いたオリーブオイルにマヨネーズを少し混ぜたドレッシングです。
是非お試しあれ〜♪

 

 

乾燥肌の原因ってなんだろう?

寒い時期になるとカサカサお肌に悩む人がおおくなりますね。
我が家の子ども達なんていち早く全身がガサガサになります。
関節とか、ふくらはぎの側面とか、モモとか、腰周りとか・・・

 

せっかく保湿しても夜中にバリボリ無意識にかきむしってしまい、布団が血だらけなんて良くありました。
そんな悩みの種の乾燥肌って何が原因で作られるのでしょう?

 

まずは皮膚の丈夫さって遺伝が大きい気がします。
それ以外には乾燥肌の原因として下記のものがあります。

 

●外気の乾燥と湿度低下
 せっかく水分を持っているお肌が、カラカラの外の空気に向かってドンドン蒸発してしまいます。
●新陳代謝能力の低下
 肌の入れ替わり周期が正常に機能しなくなると、本来古い角質が剥がれ落ちて新しい肌が出てくるべき場所に、その古い角質が付着したままになり、カサカサ状態になります。
●食事バランス
 偏食をしたりダイエットできちんとした食事を取っていないと、皮膚が必要としている十分な栄養素を届けられなくなり、皮膚にうるおいがなくなってしまいます。
●ストレスなど
 ストレス・睡眠不足・疲労等は、血液の循環が悪くしてしまうため、乾燥・肌荒れを起してしまいます。
原因がわかったら、それをおぎなう事をすれば乾燥肌対策になります。
きちんとした生活習慣と、乾燥している肌にも栄養をきちんと与えれば、肌はすぐに喜んで結果を見せてくれることと思います。

 

まとめ

乾燥肌に一番必要なのは「水分の補給」です。そしてそこに「ワセリン」を塗ることで肌を保護する事が出来ます。

 

乾燥肌は、水分以外にも様々な成分が不足していて、中でも特に重要な成分はコラーゲンやヒアルロン酸です。
コラーゲンは、私たちの体内の至るところに含まれており、体全体の5%、肌の内側にある「真皮」においては70%をしめています。
このヒアルロン酸が入ったゲル状のクリームは乾燥肌にとってとても強い味方です。

 

また、乾燥肌に良いものに椿油がありますが、普段、台所に置いておいて料理に使い、肌に使う時は手だけでなく唇にも使う事が出来るので、あれこれと色んな化粧品をそろえる必要はないかもしれません。

 

そして、早めの就寝は乾燥肌対策の基本です。
肌にしっかりと水分を満たし、閉じ込めてあげたら、できれば夜10時くらいには就寝したいものです。

 

汚れを落とすために大切な洗顔ですが、夜の洗顔は、一日の汚れやメイクをしっかりと落とすためにも洗顔料を使用した方が良いですが、朝の洗顔は水でさっと洗うだけで十分です。
そして、洗顔後は一刻も早く保湿し、水分を逃がさないように保護することが重要です。
また、「木酢液(もくさくえき)」とか「竹酢液(ちくさくえき)」などは殺菌・消臭効果によって体を清潔にしてくれるので、入浴剤として使用すると良いようです。

 

アトピーも基本はスキンケアですが、乾燥肌と同様、食べ物にも気をつけなくてはいけません。
大豆、米、小麦、ほうれんそう、キビなどにはアトピーや乾燥肌の人に必要なセラミドが多く含まれています。
また水菜は肌に必要な水分を体内に溜めこんでくれる働きがあるそうです。

 

また、ビタミンCが豊富に含まれているローズヒップですが、中にはリノール酸やリノレン酸からなるオイルが含まれていて、これが肌を守ってくれます。

 

最近は、肌のお手入れをするお洒落な男性も増えてきていますが、男性女性にかかわらず、過保護にすると肌が甘えてしまって肌本来の持つ力を発揮しなくなってしまうので、肌のお手入れは必要最低限のにとどめておいたほうが得策でしょう。